家庭用防犯カメラと合わせた対策

家庭用防犯カメラの設置をお考えなら

家庭用防犯カメラと合わせた対策

家庭用の防犯カメラを導入する目的は、たとえば駐車場への当て逃げや車上狙いを未然に防ぎ証拠を残す意味合いと、それからもちろん住宅への侵入窃盗の証拠を残すためです。
この項では防犯カメラと合わせて取っておきたい対策について述べていきます。

まず考えられるのがステッカーです。
「防犯カメラ監視中」と貼られている場所を街中でもみなさんよく見掛けることと思います。
門扉や正面玄関先、車庫前などに貼っておきましょう。
自家用車自体にもイモビライザーや車内カメラがあるとなお良いです。

それから接触関知式のセンサーライトです。
この機能のついた防犯カメラもありますが、ない場合は別に検討するのが良いでしょう。
窃盗犯が気にするのは人の目と明かりだからです。

次に窃盗犯の侵入の手口として多いガラス戸破り対策として、防犯ガラスに付け替えるというのも考えられます。
防犯ガラスに付け替えることで、ガラス破りに時間がかかります。
窃盗犯は侵入に時間がかかる場合、侵入を諦める傾向にあります。
都市防犯研究センター資料によると、7割近くの窃盗犯が5分以上侵入に時間がかかるとあきらめるとされています。
補助鍵と同様、一緒に検討しておきたいことの一つです。

また、窃盗犯は音も嫌います。
この場合は窓ガラスに防犯用振動アラームをつけるのもいいでしょう。
千円程度からと値段が安いのも魅力的です。
こちらは取り付けるだけなので設置も簡単ですし、また防水仕様のものであればお風呂場の窓にもつけられます。

こういった対策と合わせて家庭用の防犯カメラを導入することで、より窃盗犯を遠ざけることができます。
こちらも是非ご検討下さい。