マンションでの家庭用防犯カメラ設置方法

家庭用防犯カメラの設置をお考えなら

マンションでの家庭用防犯カメラ設置方法

さて、これまでは主に戸建ての住居での家庭用防犯カメラについてお話して参りましたが、マンションなどを借りている場合はどうすればいいか考えてみましょう。
アパートでも同様ですが、勝手に工事して取り付けるわけにはいきません。
エントランスオートロックを設置しているなど、しっかりしたマンションの場合、エントランスホールには防犯カメラが設置されている場合が多いですね。
ただし、オートロックのエントランスでも住人が入るのに続いて素知らぬ顔で一緒に入られてしまう事例などもあります。

また、エレベーターに防犯カメラが付いている、階段に防犯カメラがついているなど、相当セキュリティに気を使っているマンションでも、完全に安心できる訳ではありません。
と言うのは、同じマンション内の住人にいたずらされているという事例があるからです。
例えば鍵穴にガムをつめられる等の被害が実際にあります。
侵入などされなくても、誰がやったのかわからず、恐ろしいですね。

こういった時に活躍するのが、ドアスコープ型の防犯カメラです。
通常のドアスコープを外し付け替えるタイプのものがあります。
交換するだけなので引っ越しする時に戻せば良く、マンションやアパートの家庭用防犯カメラとしてはもってこいです。
ただ抑止力としては期待できないのが欠点ですが、証拠能力にはなり得ますのでしつこいいたずらに悩まされている場合などは非常に有効です。
今時ですとモニター付きのドアスコープのお住まいも多いと思いますが、録画はできない場合が大半ですので、こういったものをレコーダーにつないで証拠として残しておきましょう。

それから、アパート住まいの方でドアにポストが付いている場合、CCDカメラという超小型のカメラをそこに設置するという手段もあります。
ドアスコープタイプと同様、この場合も目立たないのが欠点なので、「防犯カメラ作動中」などのステッカーをドアに張り付けておくのが良いでしょう。