家庭用防犯カメラを設置するには

家庭用防犯カメラの設置をお考えなら

家庭用防犯カメラを設置するには

さて、家庭用に防犯カメラを購入するとき、設置する方法も合わせて考えなければなりません。
ボックス型の防犯カメラは基本的に専用のブラケットが付いている、または別売りでも購入する必要があります。
ドーム型ですとビス留めだけのモデルもあります。

ただ、どちらにせよ高所での作業になると思います。
脚立に立ってドライバーを回すというのはかなりやりづらい作業です。
垂直面にする場合、斜め入りといってボルトが傾いて入ってしまうことも多くなります。
またコンクリートビスなどですと、電動ドライバーが必要であったりしますので、基本的には施行業者に頼むのがおすすめです。
また、防犯カメラを屋外に設置する場合、映像と電源のケーブルも屋内に引き込む穴が必要になります。
相当DIYに自信のある方以外は、こちらだけでも業者に依頼した方がよろしいかと思います。

また場合によってはケーブルの取り回しも必要になるかと思います。
これはホームセンターなどでコの字型のビスを買ってきて、足下にひっかからないように配線をします。
例えば4台の防犯カメラを家庭用に設置する場合、4方向からケーブルをレコーダーに繋ぐことになりますので、恐らく思っていらっしゃるよりも大変な作業となります。
家庭用に防犯カメラを設置する際は初期費用と割り切って、業者に依頼するのがやはり一番おすすめです。

なお、こういったことを合わせて考えますと、抑止力としてだけですがダミーカメラも候補に上がってきます。
ダミーカメラだけなら安価であること、また配線の設置、敷設が不要になることもメリットです。
ただどちらにせよ設置工事は必要になりますので、その場合は近隣の工務店やホームセンターに相談されるのが良いでしょう。